飲食店に業務用エアコンを導入する際の選び方のポイントを解説

飲食店経営者の皆さん、店舗の快適さを左右する業務用エアコン選びに頭を悩ませていませんか?

この記事では、飲食店に業務用エアコンを導入する際の選び方を分かりやすく解説します。最適な業務用エアコンを選ぶことで、お客様に快適な空間を提供し、店舗の評価向上につながるだけでなく、経済的な運用が可能になります。

この記事を読むことで、エアコン選びの不安を解消し、店舗運営の質を高めるヒントを得られるでしょう。

飲食店での業務用エアコンの選び方

飲食店での業務用エアコンの選び方について解説していきます。

ホールに設置するエアコンの場合

人感センサーのついているものを選ぶ

飲食店の空間では、お客様が長時間滞在することが多いです。そんな中で、人感センサーを搭載したエアコンが役立ちます。

人が多いエリアを感知し、そこに直接風が当たらないよう自動で調整するこの機能は、快適な室温を保つために重要です。また、無駄なエネルギー消費を抑え、経済的にもメリットがあります。人感センサーによる自動調整は、客席全体の温度バランスを取る上で効果的です。

風が直接当たらないものを選ぶ

飲食店のホールでは、客席が均等に配置されているため、エアコンの風が直接客に当たると不快感を与える可能性があります。特に温度感に敏感なお客様にとっては、直接風が当たることで寒さや暑さを感じることがあります。

そのため、風が直接当たらないようなエアコンの選択は、お客様の快適さを保つ上で重要です。全体的に空気を循環させる設計のエアコンは、快適な店内環境を作り出すのに効果的です。

空気清浄機能がついているものを選ぶ

飲食店では、清潔で衛生的な環境が求められます。空気清浄機能付きの業務用エアコンは、空気中のホコリや汚れを捉え、きれいな空気を循環させることができます。

これにより、お客様に快適な食事の時間を提供するとともに、店舗の衛生面での良い印象を与えることができます。空気清浄機能があるエアコンは、特に人が集まる飲食店において、清潔な空間の維持に欠かせないアイテムです。

厨房には厨房特化のタイプを選ぶ

厨房用の業務用エアコンは、一般的なホール用エアコンとは異なる特性を備えています。

厨房は高温多湿で油を多用するため、エアコンにとって厳しい環境です。そのため、温度変化に強く、サビや汚れに耐性がある厨房専用のエアコンが適しています。これらのエアコンは、フィルターの目詰まり防止機能や抗菌・防カビ機能を備え、継続的な清潔さを保つことが可能です。

また、清掃やメンテナンスのしやすさを考慮した設計が多く、厨房の環境を快適に保つために欠かせません。

メンテナンス性の高いものを選ぶ

飲食店での業務用エアコン選びでは、メンテナンスのしやすさも重要なポイントです。

頻繁な清掃や点検が必要なため、メンテナンス性が高いモデルを選ぶことが望ましいです。フィルターや内部の清掃が簡単にでき、長期的な性能維持に貢献するエアコンは、トラブルの少ない安定した運用を可能にします。

また、定期的なメンテナンスが容易なモデルは、長期的なコスト削減にも繋がり、経営面でもメリットが大きいです。

熱源を考慮して馬力や性能を選ぶ

業務用エアコンの選定において、店舗の熱源を考慮することが不可欠です。

キッチンの熱や客席の人数、店舗の大きさなどに合わせて、適切な馬力や性能を備えたエアコンを選ぶ必要があります。過小評価してしまうと効果的に空間を冷暖房できず、逆に過大評価すると無駄なエネルギー消費を招きます。

店舗の環境に適した馬力や性能を備えたエアコンを選ぶことで、効率的かつ快適な空間を提供することができます。

広さから考えるエアコンの選び方

下記の表を参考に、広さからエアコンの能力(馬力)を選ぶといいでしょう。

 

平米数

坪数

畳数

馬力

11〜17㎡

3〜5坪

6〜10畳

1.5馬力

12〜20㎡

3〜6坪

6〜12畳

1.8馬力

14〜22㎡

4〜6坪

8〜12畳

2馬力

15〜24㎡

4〜7坪

8〜14畳

2.3馬力

17〜27㎡

5〜8坪

10〜16畳

2.5馬力

22〜35㎡

6〜10坪

12〜20畳

3馬力

30〜49㎡

9〜14坪

18〜28畳

4馬力

38〜61㎡

11〜18坪

22〜36畳

5馬力

43〜70㎡

13〜21坪

26〜42畳

6馬力

61〜97㎡

18〜29坪

36〜58畳

8馬力

76〜122㎡

23〜36坪

46〜72畳

10馬力

 

飲食店で業務用エアコンを設置するのに最適な時期は?

飲食店で業務用エアコンの導入やメンテナンスを計画する際、3月から5月の期間が最適です。

理由としては、夏季はエアコンの需要が高まり、設置やメンテナンス業者が混雑するため、夏を迎える前に準備を済ませることが望ましいからです。特に3月と4月は、エアコンの需要が比較的低いため、予約が取りやすく、迅速な対応が期待できます。さらに、この閑散期では価格も比較的お得になる傾向があります。

一方で、5月になると多くの店舗でエアコンの使用が始まるため、故障が増加する傾向があります。エアコンに何かしらの問題を感じている場合、これを解消するためにも、夏の繁忙期を前に早めに対応を検討することをおすすめします。

補助金を使ってお得に業務用エアコンの設置を

業務用エアコンの導入に際して、補助金を活用することで、大幅なコスト削減が可能です。

特に、環境省が推進する「大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」は注目に値します。この事業では、新型コロナウイルスの感染拡大防止とCO2排出量削減を目指して、飲食業を含む多数の業態で高性能の換気システム導入が支援されます。CO2削減率が5%以上の場合に申請が可能で、利用対象者は企業だけでなく、地方公共団体や個人事業主も含まれます。

 

また、「省エネルギー投資促進支援事業(指定設備導入事業)」も重要です。こちらは環境保全を目的とし、最大1億円の補助が可能な事業です。法人・個人事業主を問わず、エネルギー消費効率が高い指定設備の導入を支援します。業務用エアコンの場合、高効率空調設備としての補助金申請が可能です。

 

最後に、「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業」の一環として、既存建築物における省CO2改修支援事業があります。これは既存の建物に対して、省CO2設備を導入する費用の一部を補助します。CO2排出量を30%以上削減することが条件で、オフィスや学校など様々な建築物で利用されています。

 

これらの補助金を活用することで、業務用エアコンの導入がより経済的かつ環境に優しい選択となります。各補助金の詳細や申請方法については、関連機関のウェブサイトや専門家に相談することをお勧めします。

こちらの記事でも業務用エアコンの補助金について解説していますので是非ご覧ください。

【令和5年度】業務用エアコンに使える補助金を徹底解説

 

飲食店への業務用エアコン導入なら伊藤テクノにお任せください

飲食店に最適な業務用エアコンの選び方についてのポイントを簡潔にまとめると、適切な機能と性能を持つ製品を選ぶことが重要です。熱源や部屋の広さを考慮した上で選択するといいでしょう。

そして、その選択において信頼できるパートナーが不可欠です。伊藤テクノは、この点で最適な選択肢の一つです。

 

日立など有名メーカーとの強固な関係を背景に、業務用エアコンの多彩なラインナップをリーズナブルな価格で提供しています。年間3,000台以上の取り扱いを誇る実績は、その信頼性とサービス品質の高さを裏付けています。

 

伊藤テクノの真の強みは、卓越したコストパフォーマンスだけではありません。販売から設置、メンテナンスやクリーニングに至るまで、全てのサービスを一貫して社内で提供している点です。これにより、飲食店をはじめ、オフィスや商業施設など様々な現場でのニーズに迅速かつ柔軟に対応することが可能です。

飲食店への業務用エアコン導入なら、伊藤テクノにお任せください。

 

お問い合わせはこちら!


業務用エアコンの伊藤テクノ