工場に熱中症対策は必須!その対策方法をお伝えします

工場内は、屋根からの熱侵入や機械の廃熱により、すでに厳しい作業環境をさらに過酷なものに変えてしまいます。熱中症は、単に体調を崩すだけでなく、作業効率の低下や重大な安全事故に直結するリスクもはらんでいます。しかし、適切な対策を講じることで、これらのリスクを軽減できるのです。

この記事では、個人レベルでできる暑さ対策から、より本格的な設備投資による熱中症対策まで、幅広く効果的な方法を紹介します。

工場では、熱中症対策が必須です

工場は熱がこもりやすい構造になっているため、熱中症対策が欠かせません。製造工程で発生する熱源や、年々上昇する気温も影響しており、作業者の健康と生産性の維持のためにも、適切な対策が求められています。

熱がこもりやすい構造

工場の建築構造は、しばしば熱が内部にこもりやすい設計になっています。特に、屋根や壁が広範囲にわたって太陽光を受けることで、内部の温度は急速に上昇します。これは、金属製の屋根材が直射日光を吸収しやすく、その熱が建物内に蓄積されるためです。

さらに、工場内は通風が不十分な場合が多く、これが熱の滞留を助長します。このような状況を改善するためには、適切な換気システムの導入や、熱反射材料を使用した屋根材の選定が効果的です。

製造工程で熱源がある

工場内の多くの機械や設備は、運転中に大量の熱を発生させます。これにより、既に高い室温がさらに上昇することがあります。例えば、鉄鋼の溶解やプラスチックの成形など、熱を必要とする工程では、周囲の空気を加熱し、作業環境を一層厳しいものにしてしまいます。

この問題に対処するためには、熱を効率的に排出する冷却システムや、局所排気装置の設置が推奨されます。また、作業スペースに冷却ファンを設置することで、従業員が直面する熱負荷を軽減することが可能です。

熱中症のリスクが高い

工場内は、機械からの熱や建物の構造により、外気温以上に温度が上昇しやすい環境です。特に金属製の屋根は直射日光を受けて非常に高温になり、これが輻射熱となって作業環境を一層厳しいものにします。

さらに、機械の運転による熱も加わり、工場内の温度はさらに上昇します。これにより、作業員は熱中症のリスクが格段に高まり、健康を害する可能性があります。湿度も高くなりがちで、これが体温調節を困難にし、熱中症の危険をさらに増大させます。

生産性が落ちてしまう

工場内の高温は、作業員の体力を消耗させ、集中力や作業効率を低下させます。研究によると、室温が25℃から28℃に上昇すると、作業効率は約6%低下するとされています。また、適切な温度管理がされていない工場では、熱による疲労が蓄積し、製品の品質にも悪影響を及ぼすことがあります。

生産性の低下は、結果的に企業の利益減少に直結するため、効果的な熱中症対策は経済的な観点からも非常に重要です。

気温が上がり続けている

日本の気候は年々暑くなっており、特に夏の気温は記録的な高さを更新し続けています。気象庁のデータによると、2022年の夏は東日本や西日本で平均気温が過去最高を記録しました。このような気温の上昇は、工場内の環境にも直接影響を及ぼします。

工場は多くの場合、金属製の屋根や壁が多く、直射日光を強く受けるため、内部の温度はさらに上昇しやすいのです。これにより、工場内での熱中症リスクが高まり、対策が急務となっています。

なぜ、工場はあんなにも熱いのか

工場や倉庫が特に暑くなりやすい理由は、その構造と運用の特性にあります。特に夏場には、外部の高温と内部の活動が相まって、非常に高温の環境が生まれやすいのです。

高温になった屋根からの熱の侵入

工場の屋根は、一般的に金属製の折板屋根や波形スレート屋根が使用されることが多く、これらは太陽光の熱を大量に吸収します。特に夏場には、屋根の表面温度が50℃から60℃に達し、猛暑日には70℃を超えることも珍しくありません。

これらの屋根材は断熱性が低いため、屋根から吸収した熱がそのまま内部に侵入し、工場内の温度を大幅に上昇させる原因となります。このため、屋根の熱が直接的に工場内の温度を高めることになります。

空間が広いことによる空気の出入り

工場や倉庫は広い空間と高い天井が特徴で、これが空調の効果を低下させる一因となります。広い空間では、冷房をしても冷気がすぐに温められてしまい、効率よく温度を下げることが困難です。

また、大きな出入り口が多い工場では、ドアの開閉により冷気が逃げやすく、外からの熱い空気が容易に内部に入り込むため、一層の温度上昇を招きます。このように、広い空間と頻繁な出入りが、工場内の温度管理を難しくしています。

工場内の設備から出る廃熱

工場内にはヒーターやボイラー、乾燥炉などの熱を発生させる設備が数多く存在します。これらの設備からの廃熱は、工場内の温度をさらに押し上げる要因となります。

特に、これらの設備が集中しているエリアでは、局所的に非常に高温になることがあり、これが全体の温度を上昇させることに繋がります。工場での生産活動が活発になるほど、廃熱の量も増え、それが温度上昇を加速させるのです。

個人でできる暑さ対策

暑い季節になると、特に工場などの作業環境では熱中症のリスクが高まります。しかし、個人レベルで取り組める対策を実施することで、そのリスクを大幅に軽減することが可能です。

以下では、熱中症対策として効果的な方法をいくつか紹介します。

水分・塩分補給

熱中症予防の基本は、適切な水分と塩分の補給です。体を動かすことで失われる水分と電解質を補うため、スポーツドリンクが推奨されます。これは、水だけでなく、必要な塩分と糖質も含まれているため、効率的に体のバランスを保つことができます。

ただし、一度に大量に飲むのではなく、20分ごとに150〜200ml程度を目安に摂取することが大切です。また、職場では、自由に水分を取れるように水分補給ステーションの設置を検討しましょう。

健康管理

熱中症を防ぐためには、日常の健康管理が非常に重要です。特に、二日酔いや睡眠不足、栄養不足は熱中症のリスクを高める要因となります。効果的な対策としては、アルコールの摂取を控え、バランスの取れた食事を心がけ、夜は最低7時間の睡眠を確保することが推奨されます。

これにより、体の水分バランスが保たれ、熱中症の予防につながります。また、暑い日は特に、水分と適度な塩分をこまめに補給することが重要です。

衣服の工夫

暑い環境下での作業効率と快適性を保つためには、衣服の選択が重要です。吸水速乾性や接触冷感素材を使用したインナーは、汗を素早く吸収し、肌からの熱を効率的に放出することで体感温度を下げます。

また、保冷剤を装着できるベストや空調服を使用することで、体内の熱が外部に逃げやすくなり、熱中症のリスクを減らすことができます。これらの衣服は、特に高温多湿の環境下で作業する際に、従業員の快適性と安全性の向上が期待できます。

休憩室の設置

暑さ対策の一つとして、適切に設計された休憩室の設置があります。休憩室は、作業エリアからアクセスしやすい場所に設けることが理想的です。冷たい飲み物や塩分補給ができるスナックを常備し、冷房や扇風機を完備して室温を24〜26度に保つことが重要です。

また、23度以下に設定すると体温調節が難しくなるため、適切な温度設定が必要です。休憩室には冷たいおしぼりや体温計も用意し、従業員が体調を自己管理しやすい環境を整えましょう。

屋内への設備導入による熱中症対策

工場や倉庫で働く人々を熱中症から守るためには、適切な冷却設備の導入が欠かせません。

ここでは、大型扇風機、スポットクーラー、間仕切りカーテンの3つの具体的な設備に焦点を当て、それぞれの特性と効果的な使用方法を詳しく解説します。

大型扇風機

工場の広い空間に適した大型扇風機は、広範囲にわたって風を送り届けることが可能です。これにより、エアコンの冷たい空気を効果的に循環させ、全体の冷却効率を高めることができます。この扇風機の利用は、汗の蒸発を促進して体温を自然に下げる助けとなります。

また、その価格は他の冷却方法に比べて比較的安価であり、運用コストも低いですが、大風量のためホコリが舞いやすいという点は留意が必要です。清潔が求められる場所では別途対策を考慮する必要があります。

スポットクーラー

局所的な冷却が求められる場所には、スポットクーラーが適しています。この装置は、特定の区域だけを直接冷やすことができるため、エアコンを設置するほどではないが冷却が必要なスペースで有効です。

風向きや強さの調整が容易であり、軽量で移動も簡単なため、日々の作業に合わせて最適な位置への移動が可能です。ただし、内部と外部の熱交換が必要なため、室外機を設置できるスペースが必要となります。

間仕切りカーテン

空調された冷気を特定の区域に留めるためには、間仕切りカーテンが有効です。この低コストで導入可能な方法は、特に大きな開口部がある場所や頻繁に出入りするエリアに適しています。

カーテンの種類には、のれん式やスライダー式があり、それぞれの場所の用途に応じて最適なものを選ぶことができます。さらに、熱を発する機器の近くで遮熱カーテンを使用することで、その熱が他のエリアに影響を及ぼすのを防ぎます。

業務用エアコンの販売、修理、分解洗浄は伊藤テクノへ

高温になりがちな工場内での空調管理は、従業員の健康と生産性の維持に不可欠です。そんな中、業務用エアコンの販売、修理、分解洗浄を手掛ける伊藤テクノは、その豊富な経験と専門技術で多くの企業から信頼を得ています。 

伊藤テクノは、創業70年を超える実績と、年間3000台以上のエアコン取り扱いから培われたノウハウを活かし、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心にサービスを提供しています。全ての作業を自社スタッフが行うため、中間マージンが発生せず、コストパフォーマンスも抜群です。また、購入したエアコンには10年間の長期保証が付いており、長く安心して使用できます。

伊藤テクノでは、販売だけでなく、設置後のメンテナンスや修理も迅速に対応。工場のような特殊な環境にも柔軟に対応し、最適なエアコンシステムの提案を行っています。熱中症対策はもちろん、生産性の向上にも直結する業務用エアコンの導入を検討されている方は、ぜひ伊藤テクノにご相談ください。

工場の熱中症対策としてのエアコン導入をお考えなら、伊藤テクノにお問い合わせください。


業務用エアコンの伊藤テクノ

冷えない、異音がする、エラーが出ているetcエアコンに関するどんな些細な相談・不具合もご相談ください!数千円の軽微な修理から駆けつけます!