業務用エアコンの耐用年数は何年?3つの耐用年数と寿命から考える業務用エアコン買い替え時期も紹介

コラム

業務用エアコンの耐用年数は何年

業務用エアコンの修理・洗浄・入れ替え工事はお任せください。東京都江戸川区にある業務用エアコン会社の伊藤テクノです。自社の職人と営業担当者による確かなサービスをお約束しています。

最近エアコンの調子が悪いけれど買い替えるべきなのか、いつ頃買い替えの時期が来るのだろうか、といったお悩みをお持ちの方も多いと思います。そこで今回の記事ではエアコンを長く使うコツもお伝えしながら、エアコンの寿命について詳しく解説します。

 

業務用エアコンの3つの耐用年数

業務用エアコンの耐用年数は何年

法定耐用年数

法定耐用年数とは固定資産税の手続きに用いるために定められている期間で、エアコンの詳細によって年数が異なります。この法定耐用年数は一般的な設備の寿命として設定されているものですので必ずしもそれぞれのエアコンの寿命と一致するものではありません。

・耐用年数15年のエアコン

業務用エアコンの耐用年数は一律に決められているものではありません。その中で耐用年数が15年と決められているものは建物附属設備に該当するものになります。建物附属設備とはエアコンがダクト配管されていて埋め込みの形になっているもののことです。

 

・耐用年数13年のエアコン

耐用年数15年とされる建物附属設備のうち、出力が22Kw以下のものは耐用年数が13年と決められています。もともとダクト配管されていて建物と一体化しているもののうち、出力が22Kw以下のものが13年になります。

 

・耐用年数6年のエアコン

上記のどれにも当てはまらないものが耐用年数6年のエアコンとされています。「器具・備品」の分類に当てはまるものです。賃貸オフィスなどで、入居時に自分で取り付けるタイプのエアコンのようなものがそれに当てはまります。ダクトの有無がどちらに当てはまるのかを確認するポイントです。

 

物理的耐用年数

法定耐用年数と別に、物理的耐用年数というものが部品ごとに決められています。物理的耐用年数とは、定期的なメンテナンスによって故障を最小限にできる期間のことです。この期間を過ぎると使えなくなるというわけではなく、定期的なメンテナンスにより期間を過ぎても使うことができますが故障の可能性は上がっていきます。

 

経済的耐用年数

経済的耐用年数とは、経済的な意味での寿命です。機械自体は修理したり部品を交換したりしたら使えるものの、その運転費用が高くなってしまい、買い換えた方が良いとなる時期が来るでしょう。これが経済的耐用年数です。経済的耐用年数は機種ごとに決まっておらず、使用環境や定期的なメンテナンスの有無によって異なります。

 

寿命と耐用年数について

寿命と耐用年数の違い

実際の寿命が耐用年数通りであるとは言い切れません。というのも、定期的なメンテナンスの有無、使用環境、稼働率などにより様々であるためです。経済的耐用年数により、修理したらまだ使えるものの、買い替えることになるかもしれませんし、修理を繰り返して法的耐用年数を大きく過ぎても使い続けることもあるでしょう。

 

一般的な業務用エアコンの寿命

寿命を一概に述べることはできませんが、一般的には10~15年ほどだと言われています。もちろん使用環境やメンテナンスによって長くも短くもなり得ますが、基本的に設置してから10年以上経つと調子が悪くなることが多いようです。あまりにも不具合が多くなったら、買い替えを検討しても良いかもしれません。

 

エアコンの寿命・耐用年数が短くなってしまう原因

業務用エアコンの耐用年数は何年

メンテナンスを怠っている

業務用エアコンは定期的なメンテナンスをすることを前提に作られています。そのため、メンテナンスを怠っていると、法定耐用年数よりもかなり短い期間で故障してしまう可能性があります。

 

厳しい環境で使用している

使用する環境によっては、法定耐用年数よりも短い寿命になってしまうことがあります。特に飲食店や工場では、油やホコリによって汚れやすいので寿命が短くなりやすい傾向にあります。また、24時間運転などの運転時間が長い環境や、温度・湿度が高いまたは変化が著しい環境、発停が頻発する環境では耐用年数が短くなります。

 

長期間使わずに放置している

長期間使わないことも劣化を進めさせる原因になります。特に1年以上使っていないときは内部から故障しやすくなってしまうのです。長持ちさせる対策としては、最低でも3か月に1回ほど試運転を行うことが必要です。

 

業務用エアコンを長く使っていくためには?

メンテナンスをこまめに行う

業務用エアコンを長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスやクリーニングが不可欠です。特に、不具合が発生してからメンテナンスするよりも、不具合が発生する前に予防することが大切です。また、自身でも日常的に清掃をすると良いでしょう。特にフィルターは汚れが溜まりやすいので、定期的に掃除することをおすすめします。

 

定期的に業者による点検を行う

自身での定期的な掃除やメンテナンスに加え、2~3年に一度、業者に依頼して点検してもらいましょう。素人では、掃除しきれない箇所をクリーニングしたり、気づくことができない不具合を見つけられたりします。また、何か不具合を感じたら、すぐに業者に相談してみることも大切です。

 

エアコンの買い替えタイミングはいつ?

上記でも少し述べたように、一般的に10〜15年がエアコンの寿命ですので、そのくらい経ったら買い替えを検討しても良いでしょう。ただし、注意していただきたいのがR22の冷房機器です。2000年以前によく使われていたものですが、地球温暖化への影響がある霊媒ガスが使用されていることにより、2019年末に国内製造が全廃されました。そのため、部品がなく修理できなくなる可能性が高いです。室外機などに張り付けてあるシールを確認し、R22だった場合は早く買い替えることをおすすめします。

 

業務用エアコンのことなら伊藤テクノにお任せください

業務用エアコンの耐用年数は何年

今回の記事では、業務エアコンの寿命について詳しくお伝えしました。エアコンを長く使うためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。また、寿命が来たら買い替えも検討した方が良いでしょう。

伊藤テクノは創業70年、業務用エアコンの専門家として、販売、取り付け、修理、洗浄までワンストップで行っています。販売実績は年間3000台、お客様との直接契約のため迅速かつ低価格での販売が可能です。

業務用エアコンでお悩みの方はぜひ伊藤テクノまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


業務用エアコンの伊藤テクノ