病院・介護施設の業務用エアコンの不安を解決!入れ替え工事の不安からトラブル予防の定期メンテナンスまでお任せください

病院の業務用エアコンの入れ替え工事

業務用エアコンの修理・洗浄・入れ替え工事はお任せください。東京都江戸川区にある業務用エアコン会社の伊藤テクノです。自社の職人と営業担当者による確かなサービスをお約束しています。

屋内の快適な空気を維持するために欠かせない業務用エアコン。特に病院や介護施設では、環境の変化に敏感な方が少なくないため、空気をコントロールする役目がある業務用エアコンは重要な“縁の下の力持ち”です。業務用エアコンに不具合が生じたさい、気が気ではなくなる経験をしたことがあるご担当者もおられることでしょう。

今年は新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの流行がダブルで懸念されている異例の冬となってしまいました。感染拡大対策の一環として、世間では施設の空気を守る業務用エアコンの見直すという動きもあるようです。伊藤テクノにも病院・介護施設の業務用エアコンについて多数のご相談が寄せられています。

そこで今回、病院・介護施設の業務用エアコンの入れ替えに関するお悩みと伊藤テクノ流の解決策をまとめました。安心安全な運営に携わるご担当者の参考にしていただきたく思います。

入れ替え工事が患者・入居者様に与える影響が心配

業務用エアコンの入れ替え工事に関する病院側の心配

騒音・振動について

業務用エアコンの入れ替え工事は、振動・騒音といった環境負荷が付き物とされています。体が弱っている患者様にとって、工事の環境負荷がストレスになるばかりか、病態に悪影響を及ぼす可能性を懸念されるご担当者が少なくありません。病院や介護施設以外の施設なら、営業時間外に工事することで環境負荷の問題を解決できます。しかし、24時間365日、入院中の患者様や入居者様が暮らすためそうもいきません。

作業効率を優先して振動・騒音を不可抗力とする業務用エアコン会社も中にはあるかもしれません。ですが、伊藤テクノはお客様のご心配に寄り添って環境負荷が少ない工事方法をご提案する方針を取っています。過去の事例では、特殊な工具を使うなど、一般的な工事よりも手間をかけることで振動・騒音を減らしてきました。

工事が病院や介護施設内の環境を乱す可能性について

工事現場といえば、昔ながらの騒々しいイメージをお持ちのご担当者が少なくないようです。工事現場の慌ただしさが患者・入居者様に与えるストレスとは向き合う必要があると伊藤テクノも考えてきました。

現在は、業界全体として職人の接客スキルが向上していますが、工事現場を担当する職人の「接客サービス向上」は伊藤テクノが注力してきたことです。弊社は、自社の職人をサービスマンとして育成しています。例えば、利用者様とすれ違うさいには会釈などをして挨拶をするほか、職人の清潔や身だしなみにも気を配っています。

そのほか、工事区域の仕切りをわかりやすく設置して患者様の動線管理を維持したり、確実な養生で汚損や破損を予防するなど地道な工夫を重ねています。

緊急で業務用エアコンを修理してほしい

病院の業務用エアコンの緊急修理

病院は24時間365日の稼働が当たり前。スケジュールの調整が難しいため、多少の不具合が業務用エアコンにあっても恐る恐る稼働を継続したご経験もあるのではないでしょうか。実際、業務用エアコンの急な稼働停止が多いように感じます。緊急事態を解決するべく伊藤テクノは、病院・介護施設のご担当者からの緊急対応のご要望にお応えしてきました。

2018年には業務用エアコンの故障で病院に入院中の患者様が亡くなられた事件がありました。命を守る現場である病院の業務用エアコンの故障修理は、私たちも身を引き締めて優先事項として対応しています。

病院・介護施設の業務用エアコン修理で多い急な故障に、伊藤テクノはスケジュールの工夫で柔軟に緊急対応してきました。スケジュールの柔軟な調整に前向きに応じられる理由は、自社の職人が工事にうかがっているからです。

下請けの職人による工事が中心だと、緊急対応の調整に時間がかかりがちです。一方、自社の職人を雇用していれば社内調整だけでスムーズに工事の段取りをとれるというわけです。

また、顧客のデータベースと日ごろのお付き合いから、営業担当者がお客様の状況と現場の情報を把握していることも緊急対応のさいに重要です。これらの情報を活用すれば、最適な工事プランの計画により、1日以内で緊急対応工事を終わらせることも可能です。弊社の仕組みが工事を最適化しているから、ご愛顧いただけているのだと思います。

業務用エアコンの不安を取り除くための第一歩

“縁の下の力持ち”である業務用エアコンですが、各施設に専任のご担当者がいるケースは聞いたことがありません。おそらく、業務用エアコンの管理は多数ある業務のなかの一つだと思います。小まめな業務用エアコンの管理はなかなか難しい現状があるのではないでしょうか。

不安を業務用エアコンに残したまま、適切な対策を打てない状況にお悩みの方は、最初の一歩として業務用エアコンのクリーニングの見直しから始めてみてはいかがでしょう。業務改善のチャレンジとしては、ハードルが低いほうだと思います。

十把一絡げに見られてしまいがちな業務用エアコンのクリーニングですが、実はメンテナンス会社の個性が出ます。業務用エアコン会社が、適切な手順・方法を選択してくれた場合、故障の発生頻度の減少、業務用エアコンの寿命の最大化、整備不良による稼働停止の予防といったメリットを実現できます。つまり、良い業務用エアコン会社との取引が、ご担当者の安心につながるということです。

業務用エアコンの定期クリーニング
▲弊社の業務クリーニングの様子

クリーニングについて伊藤テクノの話をすると、強アルカリ洗剤で室内機の奥の奥まで洗う確実な洗浄を基本です。室内の汚れと破損を防ぐ養生や、整備不良を防ぐ動作確認まで責任をもってお引き受けしています。そのほか、分解洗浄や室外機洗浄・特殊薬品による洗浄も状況に応じてお客様にご提案しています。

さらに、私たちが定期的にクリーニングをすれば、入れ替え工事が必要なタイミングを見逃すことはまずありません。動作に不安が生じる前から、適切な時期に入れ替え工事のご提案をしています。ご担当者が余裕をもって工事を検討できるように、という配慮です。

業務用エアコンを水冷式から空冷式に変更したい

大きな病院・介護施設の業務用エアコンはパッケージエアコンという種類が導入されているのが一般的です。さらに、冷房方式は水冷式と空冷式の二種類が主流。特に初期のパッケージエアコンは水冷式が中心だったので、数十年前に出来た施設では水冷式が採用されていることが多いとされています。

近年、ご担当者から「水冷式から空冷式に変更したい」という相談をされることが増えてきました。頻発する業務用エアコンのトラブルの原因は、冷房方式にあると気づく方が出てきたのでしょう。

水冷式は冷房効率に優れている一方、熱い空気を冷やす水の配管に不具合が生じると冷房が停止してしまいます。業務用エアコン本体が故障していなくても配管の劣化でトラブルが生じてしまうため、メンテナンスに手間がかかるのが難点です。

停止という深刻な事態に陥らなくても、劣化した配管からの水漏れも慢性化しがち。衛生第一の病院・介護施設では水漏れは気になるところだと思います。

メンテナンス性に優れていることからご担当者から注目されている空冷式。しかし、水冷式から空冷式への変更の検討では、お客様は初期投資の予算をご心配されます。設備を変える工事が必要なためご心配はごもっともです。

実は、設備がシンプルな空冷式は、水冷式を導入したときよりも初期投資がかからない点もメリットとされています。また、伊藤テクノの場合、創業70年を経て取引先と築いてきた信頼関係を理由に、仕入れに強みがあります。限られた予算の有効活用に向けて、業務用エアコン本体の価格で予算へのご協力が可能です。

病院の業務用エアコン修理・洗浄・入れ替え実績

千葉西総合病院
医療法人道心会
埼玉東部循環器病院
医療法人社団日岩会下井病院
医療法人石郷岡病院
医療法人飯野病院
医療法人社団一心会初富保険病院
医療法人財団日扇会第一病院
医療法人成春会北習志野花輪病院
医療法人社団菫会目黒病院
医療法人社団順聖会吉方病院
船橋中央病院附属看護専門学校
東洋大学医科学研究所附属病院
船橋整形外科病院

業務用エアコンは高額の設備だから…

各病院に最適な業務用エアコンをご提案

世間では注目される機会が少ない業務用エアコンですが、入れ替え工事や定期クリーニングなどを含めると実はかなり高額な設備です。入れ替え工事ではご担当者に多大なる不安や手間といった負担がのしかかっているのではないでしょうか。

業務用エアコンの会社として弊社が言えることは、数年後の安心や毎日のランニングコストを含めて考えた入れ替え工事の検討が得策です。目先の費用だけを見て安易に決めると、設備が将来の負債になることも少なくありません。伊藤テクノにご相談いだいた場合、お客様に寄り添った提案をいたしています。最適な工事や業務用エアコン本体はケースバイケース。業務用エアコンのお悩みは伊藤テクノに一度ご相談いただければ幸いです。


業務用エアコンの伊藤テクノ