COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

高圧圧力異常の原因・対処法・予防法は季節によって異なります

トラブル防止

業務用エアコンの販売・取り付け・修理を、自社の職人たちが手がけます。

東京都の伊藤テクノです。

家庭用エアコンとは異なり、業務用エアコンはフル稼働が基本。ですので、様々な不具合が発生しやすくなっています。不具合のなかでも、よく発生するものとそうでないものがあります。

高圧圧力異常はそのひとつ。ダイキンの業務用エアコンでいえば、エラーコードE3で表示される不具合のことです。

今回は、高圧圧力異常の原因と、対処法と予防策までを紹介します。

高圧圧力異常の原因は冷房と暖房で違う!

業務用エアコン

実は高圧圧力異常の原因は、暖房運転のときに発生したのか、冷房運転のときに発生したのかによって異なります。

冷房時の原因と対処方

冷房運転時に高圧圧力異常が発生した場合には、室外機が原因です。たとえば、室外機を汚れたままにしていると、高圧圧力異常が発生しやすくなります。

室外機の汚れが原因なら、室外機の熱交換フィンをブラシで優しくこすって汚れを落とせば、高圧圧力異常が解決するはずです。

ただし、高圧圧力異常には、室外機のファンの異常や高圧圧力センサーの異常など、部品によることもあります。熱交換フィンを掃除しても異常が改善されない場合には、エアコン修理会社にご連絡ください。

冷房時の高圧圧力異常の予防法

高圧圧力異常の修理にうかがうと、ほとんどの場合に原因は室外機の汚れです。そのため、予防策としては室外機の周りを清潔にすることが得策です。室外機は目立たないところに置かれていますが、ホウキで毎日一掃きするだけでも、室外機の汚れは変わってきます。掃除しやすくするためにも、室外機の周囲には物を置きすぎないようにしてくださいね。

暖房時の原因と対処法

暖房運転時に高圧圧力異常が発生する原因は、冷房運転時とは反対に、室内機の汚れが原因です。業務用エアコンの深層部まで汚れている場合には、業務用エアコン修理会社に頼まなくてはなりませんが、運がよければフィルター掃除で解決することができます。

間違っても、ご自分で業務用エアコンの深層部を掃除しようとしないこと。危険です。故障のおそれがもちろんありますが、それだけではなく感電事故も発生していますので、お気をつけください。

私たちに、業務用エアコンの清掃をお任せいただければ、分解して隅々までの汚れを除去しています。フィルター掃除で高圧圧力異常が治らなかった場合にはお気軽にお問い合わせください。

暖房時の高圧圧力異常の予防法

フィルター掃除をマメにすることで、暖房運転時の高圧圧力異常はある程度、抑制できます。暖房の効率もよくなるので、電気代も節約できて一石二鳥です。空気清浄機などを導入して、空気を清浄にたもつことも効果的でしょう。マメにフィルター掃除するのが面倒な場合には、ダイキンの業務用エアコンなどには自動フィルター掃除機能が付いている場合もありますので、そちらを検討されてはいかがでしょうか。

高圧圧力異常を発生させながらの運転は手痛い出費に・・・・・・

コスト削減

今回は、高圧圧力異常の原因には、汚れが関係していることがおわかりいただけたのではないでしょうか?そのため、定期的な業務用エアコンのメンテナンスを行っていれば、突然に業務用エアコンがストップしてしまう緊急事態を減らすことができます。

また、高圧圧力異常が発生しても、短期間ならダマしダマし業務用エアコンを稼働させることもできますが、これは絶対にオススメできません。本来なら10年はもつはずの業務用エアコンの寿命が圧倒的に短くなってしまいます。たとえるならば、自動車のエンジンがオーバーヒートする状況で無理矢理、自動車を走らせているようなものです。

ちょっとの手間と費用で、手痛い出費を減らすためのご相談なら、伊藤テクノにご相談ください。経験豊富な自社の職人が、お客様の悩みを解決する方法をご提案いたします。