COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

販売停止になってしまった業務用エアコンの修理

東京都で業務用エアコン販売・取り付け・修理を手がけている伊藤テクノです。

業務用エアコンは、従業員やお客様にとっての快適な環境をつくるための重要な設備です。しかし、経営者の皆様にとっては、利益との関係が具体的には見えないため、コストをかけたくない設備でもあると思います。

そのため、なかには業務用エアコン本来の寿命の10年を超えて、大切に使い続けておられる方も中にはいらっしゃいます。

ただ、10年以上の使用ともなれば、業務用エアコンの細かな不調も絶えないのではないでしょうか。いつ壊れてもおかしくない状態だと思います。「その時には直せばいい」と気楽に構えているのかもしれませんが、実はそうもいかない事情があるのです。

販売停止から15年で部品交換は困難に

業務用エアコンも自動車と同じように、細かな部品が寄り集まった工場製品です。業務用エアコンの故障は、内部を開けて見れば部品の故障にまで落とし込むことができます。通常の業務用エアコン修理では、不具合の生じた部品を手仕事で直すというよりは、部品交換を行います。

業務用エアコンの修理には、メーカーが生産している部品が必要なのです。

しかし、困ったことに、通例では販売停止から15年が過ぎてしまえば、メーカーは部品の供給までも終了してしまいます。運が良ければ、倉庫から部品の余りを発掘できることもありますが、望薄です。

つまり、使用している業務用エアコンの販売停止は、業務用エアコンの入れ替えを視野に入れるタイミングなのです。そうしておかないと、急な故障に対応できず、思わぬ損害につながってしまうこともあり得ます。

部品交換ができなくても修理ができることも

では、販売停止から15年が経過してしまい、部品供給がストップした業務用エアコンの修理は諦めなければならないのでしょうか?

最終的には入れ替えるとしても、急場は修理でしのぎたい方もいらっしゃると思います。

そんな時には、伊藤テクノにご相談ください。

故障した業務用エアコンの内部を見ての判断になりますが、たとえば下記のような故障なら弊社で対応できます。

部品交換が不要な故障

なんでもかんでも部品交換で対応してしまう業者は、センスが良いとは言い難いです。的確に原因を特定できさえすれば、部品交換なしで修理を完了できます。部品交換なしで終わるケースとしては、配管の溶接の老朽化であったり、単純な接触不良であったり、極端な汚れによる不具合であったりが挙げられます。

基盤や圧縮機といった重要な部品の故障

基盤や圧縮機といった重要な部品は、複雑な箇所でもありますので、取り替えで対処するのがベターです。しかし、急場しのぎということであれば、専門家の技術で修理することもできます。創業から60年の歴史がある伊藤テクノは、信頼できる協力会社とのネットワークを構築しています。迅速、確実、リーズナブルな部品修理が可能です。

ただし、基盤や圧縮機を修理で対応するのは、実はあまりオススメの方法ではありません。入れ替えるよりも高額の費用になってしまうことが多いからです。部品供給が終了した業務用エアコンの基盤や圧縮機が故障した場合には、入れ替えを選択するのが無難なのです。

入れ替えならリース契約も可能な伊藤テクノにご相談を

業務用エアコンの寿命が10年ということは、メーカー各社も提唱していますし、私たちのような業務用エアコン販売店の間でも定説となっています。もし、業務用エアコンをギリギリまで長く使い続けたいということであれば、具体的な不具合がなくても、10年を目途にして業者に見てもらうのがよいでしょう。部品供給が終了する前に、ガタがきてしまっている部品は取り替えてしまうのです。

ただ、このような方法は、問題の先送りに過ぎない面もあります。思い切って入れ替えたほうが、割安かつ安心です。

もし業務用エアコンを入れ替えたいけれども資金に余裕がないのであれば、伊藤テクノにご相談ください。弊社では様々な支払方法をご用意しており、キャッシュフローへの影響が少ないリース契約もご用意しています。お気軽にお問い合わせください。