COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

激安業務用エアコン販売店には伊藤テクノが絶対に負けない理由

東京都で業界用エアコン販売・取り付け・修理を手がけている伊藤テクノです。

 

最近での検索エンジンでは親切なことに検索キーワードを予測して提案してくれます。「業務用エアコン」と入れれば、「業務用エアコン 激安」という風に。激安の業務用エアコンを探す人は、それほど多いということなのでしょう。

業務用エアコンは、お客様のビジネスにとって利益を生む設備投資ではありません。出費を抑えたいというお気持ちは十分理解できます。「激安」の文字の反応はきっと多いことでしょう。

お客様のご都合を重々承知したうえで申し上げたいことがあります。ビジネスをしていらっしゃる皆様だからこそご理解いただけと思いますが「安さ」にはキチンとした理由があります。「激安」の業務用エアコンを購入するリスクを、皆様にしっかりと認識していただいたうえで選択をしていただきけたらと思います。

激安の代償は「安全性」

実は、激安業務用エアコンを扱う販売店も、そうでない販売店も、業務用エアコンの仕入れ代金はそれほど変わりません。確かに多少の差はあります。それでも金額の1%程度の振れ幅におさまっているものです。

激安業務用エアコンの販売店は利益を削って激安を実現しているわけではありません。業務用エアコンを購入したお客様が必要とする「工事」の原価をおさえて利益を確保しているのです。

どのようにして工事代金をおさえているのでしょうか?

工事の原価のうち最も大きなものは人件費です。他社なら4人でやっている工事を3人で行うというような人員の削り方をします。人数が減れば、安全性に影響が出ます。様々な安全性の側面に問題が生じますが、イメージしやすいのは荷運びのシーンです。重量100㎏を超える業務用エアコンを運ぶ人員は3人より4人いたほうがいいのは当然でしょう。

あるいは、業務用エアコン工事において人数がいなければ意外と時間がかかってしまうのが養生です。人数を減らして工事を行う場合には、通常よりも狭い範囲しか養生しないために、破損・汚損のリスクが高くなります。

 

まだまだあります!激安の代償

さて、前見出しでは激安業務用エアコン販売店で購入するデメリットの代表的なものとして「安全性」を挙げました。実は、その他にもデメリットが存在しています。

取り付け後のチェックが甘い

伊藤テクノでは取付け後のチェックを入念に行うことで、お客様が確実かつスムーズに使い始められるように配慮しています。排水チェック、運転チェック、冷風チェック、ガス漏れチェックなどなど……理想的なチェックは枚挙にいとまがなく、業務用エアコン販売店ごとの違いが出るところでもあります。

しかし、チェックには時間がかかってしまうものです。とにかく現場を回すために、激安業務用エアコン販売店はチェックを削ってしまいます。取り付け工事後の初期不良が発生すれば、コストがかかってしまうことはもちろんですし、お客様の業務も滞ります。

使用している材料が粗悪

業務用エアコンを取り付ける際に頻繁に利用されるのが配管用テープです。一カ所1円程度のコスト感が一般的です。しかし、断熱部分などの特殊な負荷のかかる部位では一カ所100円ほどのテープをつかうこともあります。

激安業務用エアコン販売店は、100円のテープを使うべきところに1円のテープを使うこともあります。確かに最初は大丈夫かもしれません。しかし、使い続けるうちに水漏れが発生しやすくなります。

本当にあった!酷い業務用エアコン取り付け工事の実態

最後に、弊社が実際に現地調査を行う中で出会った驚きの現場をご紹介しましょう。

配管の断熱材が全てない!

業務用エアコンの冷気や暖気を運ぶ配管は、外気の影響を受けないように、通常は断熱材が巻かれています。これは手間のかかる作業なのですが丁寧に行わないと経年劣化が早くなってしまいます。そのために雑に行う業者も少なくありません。

ところが、とある現場では、そもそも断熱材が巻かれていませんでした。これでは、冷気も暖気も効率が落ちてしまいます。しかも、温度差で結露が発生するので、天井が腐るという異常事態にまで発展していました。

合わないネジを歪めて使用!

業務用エアコンは棒ネジという部品が支えています。業務用エアコンの重量を支える重要な部品です。

しかし、とある現場では、この棒ネジが素人目でも解るほどに歪んでいました。おそらく入れ替え前の業務用エアコンのために空けられたネジの穴を、無理やり使用したかったのでしょう。

結果として天井と業務用エアコンの間に隙間が発生。これはネズミや害虫が、天井裏から屋内に降りてくる原因になります。

 

業務用エアコン販売店は長期的視点で選びましょう

激安業務用エアコン販売店は、コスト削減のために外注のエアコン職人を使っていることがほとんどです。激安のしわ寄せは末端であるエアコン職人がこうむります。十把一絡げには言えないのですが、丁寧に時間をかけてやっていては生活が立ちゆきません。

一方の伊藤テクノは、正直にいったところ激安の販売は、原則としてしていません。しかし、本体・工事といった短期的な目線ではなく、メンテナンスや本体寿命など長期的な視点でコスト削減につながるご提案をしています。

現地調査のうえでお見積りをさせていただければ、他社には真似できない提案をするノウハウを伊藤テクノはもっているのです。まずは一度弊社にお見積りのお問い合わせをいただければ、より納得できる業務用エアコン販売店選びができると思っています。