COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

業務用エアコンの販売店に聞いてみよう!「養生はどこまでするの?」

東京で業務用エアコンの販売・取付け・修理を手がける伊藤テクノです。
今回は業務用エアコンを取付ける時に、販売店に聞いたほうが良い質問を紹介します。

業務用エアコンの販売店には、どのような質問を投げかけていますか?
おそらく、業務用エアコン本体についての質問が多いのではないでしょうか。

業務用エアコンの販売・取付け・修理を手がける伊藤テクノの視点では、取付け工事についても質問したほうが良いと考えています。

なぜなら、業務用エアコンの取付け工事は天井裏で行われるため、手抜きを行う業者もいるからです。手抜き工事は、特に自社で業務用エアコン施工を行っていない販売店から業務用エアコンを購入した場合に起こりがちです。

参考:【業務用エアコンの販売店選び】この質問をしてみよう①

様々な手抜きのかたちがあります。特に盲点なのが、「養生」をしっかりしているかというポイントです。

床が傷ついた!or汚れた!

業務用エアコンを取付ける際には、大量の埃やゴミが発生します。天井裏から落ちてくるのです。なかには固いゴミもあります。

養生をしっかりしていない場合に、固いゴミが床に当たれば当然傷つきます。

また、どんな業者でも作業後には掃除をすると思いますが、フロアカーペットなどの場合、繊維に入り込んだ埃は容易には取れません。そのため、業務用エアコンの取付け後に「新装開店なのに、汚れている感じがする」ということも起こるのです。

養生にはコストがかかる

なぜ養生で手を抜くかというと、簡単に言うと、養生には意外な手間がかかるからです。隙間がないように、シートを張っていく作業は、日にどれだけの仕事を捌くかで収入の決まる下請業者にとっては手間でしかありません。

そのため、「まあ大丈夫だろう」という気持ちで、業務用エアコンの真下しか養生しない業者もいるのです。

あるいは、職人が歩く動線を養生しない場合もあります。すると、たとえ職人が上履きを履いていたとしても、靴裏のゴミが床を傷つけたり汚したりする可能性があります。

養生はどの程度するのか質問しよう

ずばり見出しの質問を販売店にしてみると良いでしょう。下請け業者ではなく、自社で業務用エアコンの取付けを行っている販売店なら、しっかりと答えてくれるはずです。確実に、店舗やオフィスの床を守りたいのであれば、自社で業務用エアコンの施工を行っている業者に頼むのが無難です。

もちろん、養生をしっかりしていないのであれば、「ちゃんと作業範囲以外も、当然、動線も養生してね」と依頼することはできます。しかし、下請け業者に依頼する販売店の場合、確約はしてくれないことが多いでしょう。

「養生はどの程度するのか」という質問をして、床が被る汚損のリスクについて、納得したうえで、販売店から業務用エアコンを購入することがオススメです。

業務用エアコンの入替工事で後悔しないために

業務用エアコンを入れ替えれば、空気は確かによくなります。嗅覚にも触覚にも心地よい空間ができることは間違いないでしょう。

しかし床が汚損していては、肝心の視覚にとって心地よくない空間が生まれてしまいます。コストに見合った効果を得るために、養生をしっかりしてくれる販売店を選びましょう。

伊藤テクノでは、自社の職人が責任をもって、業務用エアコンの販売・取付け・修理を行っています。満足いただけるサービスをいたしますので、お気軽に伊藤テクノまでお問い合わせください。

昨日より今日。
今日より明日。
業務用エアコンでお客様のより良い未来を創る伊藤テクノでした。