COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

業務用エアコンの定期点検は法的義務!購入時には販売店のアフターサービスをチェック

東京で業務用エアコン販売・取り付け・修理を手がける伊藤テクノです。

近年、地球温暖化やオゾン層の破壊などの環境問題が話題となっています。

業務用エアコンも大量の電力を消費するだけでなく、
オゾン層破壊の一因とされるフロンを冷媒として使用しています。

最近では技術開発が進み、
環境への影響がより少ないとされる代替フロンを使用した業務用エアコンも販売されています。
この代替フロンも環境への影響は0ではなく、
冷媒としてエアコン内部で循環している時は環境に影響がないものの、
漏れ出した場合などは環境への影響が大きいと考えられています。

そこで国は平成27年4月から
「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」を施行し、
フロン類の製造から廃棄までの全ての段階においてフロンの影響を抑える対策を義務付けています。
この法律の通称が「フロン排出抑制法」なのです。

フロン排出抑制法によって業務用エアコン管理者が求められること

フロン排出抑制法が制定されたことにより、
業務用エアコンの管理をする責任がある人には4つの義務が課せられるようになりました。

それは、
機器の点検、フロン漏えい時の対処、
点検記録等の保管、漏えい量が多い場合の算定漏えい量の報告、
という内容です。

機器の点検によって、エアコン本体、あるいは配管などから
フロンが漏えいしていないかを調べることができるため、
点検は管理者義務の中でも非常に大きな役割を果たしています。

そこで、今回注目したいのは機器の点検です。

義務となっている定期点検

業務用エアコン管理者に求められる機器の点検は2種類あります。

それは、簡易点検と定期点検です。

簡易点検は3ヶ月に1回以上の頻度で行わなければならないもので、
こちらは主に管理者、つまり、お客様が目視によって行うことができます。

一方の定期点検は
「十分な知見を持った有資格者」、
つまり、業務用エアコン販売業者などが行う必要があります。

その頻度は、圧縮機の定格出力が50kw以上であれば1年に1回以上、
7.5kw以上50kw未満であれば3年に1回以上となっています。

法律で義務付けられている定期点検は、
業務用エアコンを設置した業者に依頼することをオススメします。
なぜなら、業務用エアコンの配管等は設置した業者が熟知しているからです。
そのため、アフターサービスが手厚い販売店から業務用エアコンを購入することをオススメします。

伊藤テクノなら分解洗浄と同時に無料で定期点検を行います

エアコンを使っていると、フロンの漏えいのみならず、
汚れや臭いといった様々なことが気になってくるものです。

伊藤テクノでは、長く業務用エアコンを使用していただきたく、
定期的な分解洗浄をオススメしております。
(関連記事:取付けた業務用エアコンの分解洗浄は自分でできる?

また、分解洗浄の際に、
伊藤テクノではフロン排出抑制法で義務付けられている定期点検を無料で行なっております。

伊藤テクノの業務用エアコンの分解洗浄は2万円からの料金、
所要時間も2〜3時間程度でご案内しております。

自社の社員が分解洗浄と定期点検を行うため、
信頼・技術・サービス品質に自信を持っています。

これから業務用エアコンの新規導入や買い替えなどを検討されている方は、
自社の社員が洗浄・点検を行う伊藤テクノまでお気軽にお問い合わせください。
エアコンの点検や分解洗浄などについても親切丁寧にご説明いたします。

昨日より今日。
今日より明日。
東京で業務用エアコン販売・取り付け・修理を手がける伊藤テクノでした。