COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

業務用エアコンの取付けはどこでも同じ?Part1:職人が違います!

東京で業務用エアコンの販売・取付け・修理を手がける伊藤テクノです。皆さんは業務用エアコンの稼働率が高い日が続いていませんか?古い業務用エアコンは外見ではわからない内部の部品のあちこちにガタがきています。快適な空間を保ちたいのであれば、やはり新しい業務用エアコンを取付けることがお勧めです。

 

インターネットで検索すれば、業務用エアコンの業者もすぐに見つかる時代。手っ取り早く、一番上に出てきた業務用エアコンの業者に、販売と取付けをお願いしようとしていませんか?

 

昔から「急がば回れ」といいますが、業務用エアコンの販売・取付け業者選びは、簡単なチェックポイントをおさえたうえで選ぶと良いでしょう。それは、販売店に職人が所属しているかどうかということです。

 

【圧倒的に早い!】

全国展開しているような業務用エアコンの業者だと、職人さんは下請け業者に任せている場合がほとんどです。そうした業者に依頼すると、元請けと下請けとの調整の時間が余分にかかってしまいます。ましてや、どこも忙しい繁忙期だと、なおさら多くの時間がかかってしまう可能性があります。

 

その点、伊藤テクノのように、業務用エアコンの取付けの職人を抱えている販売店なら、社内での融通だけで終わるので、会社を挟んだやり取りの場合よりも、スピーディーに業務用エアコンの取付けに伺うことができます。

 

【気にするべきなのはクオリティ】

先ほども例に出したような、元請けから丸投げされて業務用エアコンの取付けを行う下請け業者の取付け方は、往々にしてムチャクチャな場合が見られます。「動けばいいだろ」「取付けられていればいいだろ」と言わんばかりのひどいものもみられます。

 

たとえば、天井埋め込み型の業務用エアコンだったとしても、しっかり本体が埋まっておらず、隙間ができているものがよく見られます。このような状態だと、ゴキブリなどの害虫が出入りする原因になります。また隙間から業務用エアコンの結露が漏れ出してくるという状況もあります。

 

伊藤テクノは自社で職人を抱えているので、「誰が」「どこで」「どんな」工事を行ったのかしっかり記録しています。そのためひとりひとりが、自分の工事に責任とプライドをもって取り組んでいます。

 

世の中一般的に業務用エアコンが壊れ始めるシーズンがあるようです。伊藤テクノもそうしたシーズンには忙しくさせていただいています。しかし、職人を抱えている業務用エアコン会社だからこそ、職人のスケジュールを適宜確認して、可能な限り迅速に、お客様のもとに伺います。

 

「業務用エアコンの調子が悪い。古いのは捨てて、新しい業務用エアコンを取付けるか……」とお悩みでしたら、東京で業務用エアコンの販売・取付け・修理を手がける伊藤テクノにお気軽にご相談ください。

 

昨日より今日。

今日より明日。

業務用エアコンをつうじてお客様のより良い未来を創る伊藤テクノでした。