COLUMN業務用エアコンのすべてが分かるコラム

業務用エアコンが壊れた!ファンヒーターで乗り切れる?

東京都で業務用エアコン販売・取り付け・修理を手がけている伊藤テクノです。

冬場の暖房として、業務用エアコンとの比較対象になるのがファンヒーター。特に、業務用エアコンが冬に故障してしまったときには、数十万円する業務用エアコンをすぐに買い換えるよりも、ファンヒーターでワンシーズンを乗り切ろうと考える方もいらっしゃるようです。

しかし、業務用エアコンを買い換えたほうが、ファンヒーターを使うよりもお得になると伊藤テクノは考えています。

ファンヒーターは灯油代が高い

確かに、業務用エアコンを買い換えるよりも、ファンヒーターを数台買う方が、導入コストという点においては安上がりです。しかし、導入コストだけでなく、ランニングコストにまで目を向けると事情が変わってきます。ファンヒーターの場合には、灯油代が必要です。この灯油代がなかなかバカにはできない金額になってしまうのです。

たとえば、70平米の部屋を温める場合について考えてみましょう。

業務用エアコンだと、3馬力の業務用エアコン1台で70平米をカバーすることができます。毎日8時間動かしたとすると、電気代は一ヶ月で8000円ほどです。

ファンヒーターで70平米の部屋を暖めるなら、最低でも6台のファンヒーターが必要です。毎日8時間動かしたとすると、灯油代は1台あたり6000円。それが6台ぶんですので、一ヶ月の灯油代は36,000円です。

ファンヒーターよりも業務用エアコンのほうがランニングコストは、冬の3か月間で90,000円ほどもお得になります。そのため、伊藤テクノでは冬場を乗り切るうえで業務用エアコンとファンヒーターで迷っておられるお客様がいらっしゃったら、業務用エアコンをオススメしています。

伊藤テクノは繁忙期でも迅速に伺います!

冬が真っ盛りの時は、業務用エアコン業者はどこも繁忙期となりますので、なかなか修理に来てくれない可能性があります。もし、業務用エアコン業者が見つからずに困っているときには、伊藤テクノにご相談ください。伊藤テクノでは、業務用エアコンの修理・取り付けを、下請けを使わずに社内の職人で行っています。そのため、繁忙期であったとしても効率的にスケジュールを調整して、お急ぎのお客様のもとに職人を向かわせることができます。

また、伊藤テクノでご購入いただいた業務用エアコンには、10年間にわたる保証をつけています。いくつかの条件はありますが、10年間、修理を無償で行わせていただくことが保証内容となっています。急な業務用エアコンの停止は、事業にとっての損害にもなり得ます。ちょっとした不具合の段階で修理を依頼できるため、お客様からご好評をいただいています。お気軽にお問い合わせください。